【アジア版オリンピック】 アジア大会 プンチャックシラット シラット  【武道 】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アジア競技大会(アジアきょうぎたいかい、Asian GamesまたはAsiad)は、第二次世界大戦後、インドの提唱により始められた、アジアの国々のための総合競技大会。アジアオリンピック評議会(OCA)が主催するため、「アジア版オリンピック」とも言われている。略称で「アジア大会」と呼ばれることもある。

シラット

シラット(マレー語 Silat)は東南アジアで行われる伝統的な武術。現在はマレーシア、インドネシア、シンガポール、ブルネイ、ベトナムで盛んである。インドネシア語ではプンチャック(Pencak)という。

シラットにはインドネシア式やマレーシア式のものなど様々な種類があるが、インドネシアの西ジャワのプンチャック・シラット(インドネシア語 Pencak Silat)が有名であり、欧米の国々では人気がある。
ブルース・リーの弟子であるダン・イノサントが学んでいた事でも有名で、後にリーが開いたジークンドーにもシラットが取り入れられている。
日本では未だにマイナーではあるが、1996年に日本プンチャック・シラット協会が発足し、インドネシアから師範も来日している。現在は段位制度を設けており、帯の色で分けられている。 

https://youtu.be/pZU72OpmKiY

試合

形試合
形試合には単独で演武を行うものと2人、3人で行うものがある。単独や3人組の演武では決まった型を演じ、審判は演武の正確さや型の理解度、動きの美しさ等を評価するが、2人の場合は戦いを模した演劇のような演武を行い、審判は技の多さや演出の良しあし等を評価する。

組手試合
道着のような黒い服を着た上から防弾チョッキのような防具を着用して、その上に両者を識別するための赤か青の帯を巻く。審判はインドネシア風の白いユニフォームを着用する。

ダン・イノサント
フィリピン系アメリカ人の武術家。ブルース・リーが創始した截拳道の前身武術である振藩功夫の継承者。

カリフォルニア州ストックトンで生まれる。柔道、空手(千唐流)、フィリピン武術のカリ、インドネシア武術のペンチャック・シラット、マレーシア・シラット、サバット、エド・パーカーが沖縄空手と中国武術を合わせて開いたケンポーカラテなど学んだ。

ブルース・リーが『グリーン・ホーネット』内で派手なアクションをするとカメラからはみ出てしまうのに困っていたところ、イノサントはヌンチャクを教えた。その縁で、ブルース最後の主演作である『死亡遊戯』にフィリピンカリの使い手として出演した。

スポンサーリンク
森羅万象
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゴリムーチョ
タイトルとURLをコピーしました