常時 SSL とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近 増えてきた公共(無料)のWifi環境の場合、通信の傍受がより簡単にされてしまうので、SSL化(https)により暗号化がより重要になってくる。

常時SSLとは?

常時SSLとはWebサイト全体をSSL化する(暗号化通信)のための仕組みです。
まぁ 簡単に言っちゃえば Web サイト内の全ページを HTTPS で配信するという意味になります。

HTTPSってなに??
HTTPS (Hypertext Transfer Protocol Secure) は、HTTPによる通信を安全に(セキュアに)行うためのプロトコルおよびURIスキームである。
厳密に言えば、HTTPS自体はプロトコルではなく、SSL/TLSプロトコルによって提供されるセキュアな接続の上でHTTP通信を行うことをHTTPSと呼んでいる。https://***.com/

最近常時SSL化が重要視されていますが、常時SSLのメリットを解説します。

常時SSLのメリット

盗聴の防止/パケット改竄の防止
HTTP で接続している場合は常に、経路上で盗聴されたり、中間者攻撃を実行される可能性があります。
全ページにわたる常時 SSL 化と、適切な設定をすることで(中間者攻撃によって偽の Cookie をセットるなど)のような事を防げる。

高速化
ブログをSSL化すると、Web高速化プロトコル『HTTP/2』によって、Webページの表示速度を早くすることができます。
httpでは、一度に6つファイルを読み込めましたが、https化すると一度に100個以上のファイルを読み込むことが可能になり、結果として読み込み速度が改善される

SEO におけるメリット
HTTPSが使われているページは良いページということでSEO上有利になる可能性があります。
尚、Web サイト全体が HTTPS で配信されている必要はなく、各ページ単位でSSL 化であり、全サイトを常時 SSL 化することが必須という訳ではありません。
(CMSツールなどはサイト全体SSLする方が楽でしょうけど、、笑)

常時SSLしないデメリット

google によると

2018年7月にリリースを予定している「Chrome 68」からSSL化していない全てのWebサイトで「Not secure(保護されていません)」警告を表示する

らしいですね
これはSSL化しないデメリットですね。メリット云々よりデメリットの方がすごいかもしれません

スポンサーリンク
PCとCMS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
五里霧中
タイトルとURLをコピーしました