DaVinci Resolve 16.1 私の自作PCスペック その1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事は DaVinci Resolve 16のPC環境に関する
【無料版】そこそこ行ける DaVinci Resolve 16.1  PCスペック PC環境
DaVinci Resolve 16.1 私の PCスペック PC環境
の続きです

っという訳で10月最後の日曜日に 某ネットショップにてまとめてオーダーしました。

DaVinci Resolve 16 用 自作PCのパーツ編成

作成にあたり 条件としたのは
・DaVinci Resolve 16 でFHDをサクサク編集できるPC
・インテルCPU
・予算は税込み5万円台(6万円以下)

購入分
 (価格は令和元年10月時点)
CPU:Intel Core i5 9400F BOX
M/B:ASUS PRIME H310M-E R2.0
メモリ:ADT AD4U266638G19(DDR4 PC4-21300 8G×2)
ビデオ:MSI Radeon RX 570 ARMOR 8G (RX570 8G GDR5)
HDD:SEAGATE ST2000DM005 (SATA3 2TB 5400rpm 256MB)
電源:Thermaltake PS-SPD-0600NPCWJP-W(600W ATX 80+)
ケース:ENERMAX ECA3360B-BT

合計金額:約5万8千円

なんとか 予算内に収まりました。ポイントとしては

マザーボード :ASUS PRIME H310M-E R2.0 (H310 1151 mATX DDR4)が6500円程度
グラフィックカード:MSI Radeon RX 570 ARMOR 8G (RX570 8G GDR5)が1万5千円程度
メモリ:ADT AD4U266638G19-D (DDR4 PC4-21300 8G×2)が8千円程度
で購入できた事で、当初予定していたより上記3パーツで数千円程度浮いたので、
Intel Core i3 9100F BOX から
Intel Core i5 9400F BOX にランクアップ
しました。
これで そこそこ! いやよりサクサクいけそうです。
*DaVinci Resolve 16 でFHDをサクサク編集できるPCはビデオボードを吟味すれば i3 9100Fでも大丈夫だと考えています

ビデオボードは
Radeon RX 570ではなく Radeon RX 580を予定していたが
8GB搭載機で価格差が大きく必要十分な性能とコスパ事を考えてRX 570に変更。
価格的に若干安いSAPPHIREではなくMSIにしたのは、消費電力が30W低い点を考慮した。(SAPPHIRE PULSE RADEON RX 570 8G はモニタ端子 HDMIx2が魅力的でしたが、、 )

海外サイトのGPU比較サイト「GPUチェック」によると
現行90機種の中でコスパは RX570が1位、580が2位です。(2019年5月現在)

GPU ベンチマーク ベンチ/価格
1位 RX 570 73 0.59
2位 RX 580 79 0.52
3位 GTX 960 45 0.51
4位 GTX 1660 110 0.50

 

他流用パーツ
SSD:kingmax km 120GSMV32  (SATA3 128GB)
HDD:WesternDigital WD10ARA (Serial ATA300 1TB 64MB)
DVD:2012年頃のhp?型番不明

 

構成(予定)
ストレージが変則的になる
シーゲートの2TBを起動ドライブとデータドライブに分ける
古くて遅いWDの1TBは常用はせずバックアップ用!
*物理的に HDDが2台となり バックアップは一応安心だと思います。
128GBのSSDはDaVinci Resolve専用ドライブとする

 

管理人
管理人

11月の連休はパソコン作って色々忙しくなりそうです(嬉)
はやくDaVinci Resolveをバリバリ使ってみたい!

師匠
師匠

PC作りに追われて、、目標を失わないようにね

 

スポンサーリンク
PCとCMS動画編集
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゴリムーチョ
タイトルとURLをコピーしました